月: 2023年4月

損益分岐点比率と経営安全率

損益分岐点比率 売上高に対する損益分岐点売上高の割合を損益分岐点比率といいます。 この数値は低ければ低いほど収益性が高く売上の減少に耐える力が強いとされています。 損益分岐点比率は損益分岐点売上高÷実際の売上高×100%…
続きを読む

損益分岐点売上高

固定費と変動費 損益分岐点売上高を説明する前に固定費と変動費について説明します。 固定費は基本的に売上の増減の影響を受けず支出される経費になります。 賃料・リース費用・ 減価償却費等が当てはまります。 また固定費は、売上…
続きを読む

生産性の3つの指標

1)人時売上高 生産性の3つの指標を説明します。 一つ目は1人1時間当たりの売上高のことになる人時売上高があります。 「従業員1人が1時間働くといくらの売上を上げることができるのか」という指標です。 そのため「 円/時 …
続きを読む

生産性とは?

労働生産性 効率性を見る指標としてよく使われるのが労働生産性になります。 また、人時売上高・人時生産性・人時接客数も重要な指標です。 飲食業は生産手段が人間の労働力に依存する「労働集約型ビジネス」です。 そのため労働生産…
続きを読む

原価計算

廃棄する部分も考えよう 歩留り率とは使用原材料の総量に対する「可食部分」の重量割合のことです。 算出式は「可食部位重量÷総重量×100%」になります。 また、原価計算では「仕入れ価格 ÷ 歩留り率」が歩留り原価になります…
続きを読む

原価と売上 総利益

2つの原価の違い 原価には売上原価と理論原価の2種類があり計算方法もそれぞれ異なります。 前者は棚卸し額と期間内の仕入総額によって算出される実際に使用した原価になります。 略して原価と呼ばれることが多いですが会計上では売…
続きを読む

4つの動線

利用目的や立地条件を意識しよう 動線は利用目的や立地条件によって大きく4つに分類されます。 まず、駅と大型商業施設等を結ぶ「駅動線」があります。 近隣に商店街や公共施設などがある場合、主動線よりも副動線が使われる事があり…
続きを読む

ヒトが集まるトラフィック・ジェネレーター(TG)

人の流れに注目しよう 店舗は動線上にあるのか? 希望の物件が見つかった場合、物件がどのような動線上にあるのか? 基本的に動線はトラフィック・ジェネレーター同士を結ぶ流れになります。 またトラフィック・ジェネレーターとは人…
続きを読む

立地と商圏

出店場所は重要です 良い立地とは 「人にお金を使ってもらうビジネス」にとって立地と商圏は重要です。 固定店舗を持つビジネスは一度その場所に出店すれば移動することはできません。 そこで営業するしかありません。 そのため立地…
続きを読む

利益計画

最終的に必要な利益はいくらになるか計画しよう! 利益計画と費用 「どれくらいの利益が必要なのか?」という利益計画について説明します。利益が出なければ事業の継続は困難ということは説明するまでもありません。 より多くの利益を…
続きを読む

Fudousan Plugin Ver.6.2.0