商品開発の基本

商品開発の基本

2つのポイント!

商品開発の基本は2つの戦略的な視点が重要です。

まず一つ目は「商品構成が合理的に集約されているか」になります。

そして二つ目は「利用動機に合った商品構成か」ということになります。

この二つの視点が無駄のない商品開発を推進します。

それぞれ理由とポイントを見てみましょう。

合理的に集約されているか

まず多くの飲食店はメニュー数を多く見せようと考えます。

そのため商品名は違うがほぼ同じ系統の商品が重複することは良くあります。

これは消費者の選択を鈍らせるほかにオーダーミスにも繋がりやすくなります。

さらに商品数に比例して覚えなければならない調理作業も当然増えます。

複雑な作業行程を必要とする商品は調理時に厨房の負担がかかり、結果

料理の提供が遅れるといった問題が発生します。

またその商品だけにしか使用しない単独食材がある場合はどうでしょうか?

当然、廃棄ロスや余分な保存用のスペースが必要になり無駄が生じてしまいます。

利用動機に合った商品構成か

利用動機とはターゲットとする消費者層の食事をする動機になります。

「日常的に利用する食事なのか」それとも「晴れの日に利用する食事なのか」、

または「接待等で利用する食事なのか」といったことになります。

つまり【どのような時に利用されるのか】という事です。

この「利用動機」によって販売価格や商品の構成を考える必要があります。


NewSaucerで飲食店コンサルに無料相談する。

Tags: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Fudousan Plugin Ver.6.2.0