サブリース

サブリース

サブリースとは

サブリースとは「又貸し」「転貸」のことになります。

スキームとして、まず不動産オーナーが不動産管理会社等に店舗を貸します。

次にその店舗を不動産管理会社が第三者に貸す事になります。

それらの一連の業務を仲介する会社がサブリース会社というものになります。

一般的に不動産業のサブリースは賃貸物件の一括借り上げや空室保証なのでそれとは異なります。


物件のオーナーは、基本的に直接店舗の借主と関わる必要がありません。

そのためわずらわしい手間の一切を省く事が出来る。

前賃借人は原状回復をせずにサブリース会社を通じて次の賃借人に造作物含め譲渡します。

そのため退店時にかかる費用を抑え原状回復にかかる費用をなくすことができます。

また新賃借人は厨房機器や設備の揃った造作物込みの物件を借りれます。

そのため開業までの期間短縮や低コストでの開業が望めます。

スケルトン

ただし使いづらい設計や個性的な内装の場合は次の借手がなかなか見つかりません。

また客席面積が狭く厨房面積が大きいという借手が限定される物件も同じです。

次の借手が見つかりづらい場合は原状回復してスケルトンという状態で明け渡すことが多いです。

スケルトンとは内装設備がなく建物を支える柱、梁、床等の主要構造駆体のみの状態になります。

また、どうしても原状回復をせざるを得ない場合は買い取ってもらう方法があります。

厨房設備や什器・備品、食器は中古厨房機器のリサイクル専門業者を利用する事も考えましょう。


NewSaucerで飲食店コンサルに無料相談する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Fudousan Plugin Ver.6.2.0